保険

都道府県民共済がない県は、こくみん共済を組み合わせて『それっぽい保障』を作ろう

投稿日:

都道府県民共済がない県はこくみん共済を組み合わせよう

都道府県民共済は月々2,000円程度でバランスの良い保障が得られるので、『とりあえず入っておく保険』としては非常におすすめです。

とりあえず都道府県民共済入っておけば失敗しない
保険に迷うならとりあえず都道府県民共済に入っておけば外さないっていう話

就職や結婚、子の誕生・・・そういった人生の節目は色々なことを考え、見直すきっかけになります。 保険もまたその一つではない ...

続きを見る

しかし都道府県民共済には大きな欠点があります。

それは、全国の8県では事業が行われていない(加入できない)ということ。

都道府県民共済がない県

  • 山梨県
  • 福井県
  • 鳥取県
  • 愛媛県
  • 徳島県
  • 高知県
  • 佐賀県
  • 沖縄県

これらの県では都道府県民共済に加入することができません。

(勤務先が上記以外の都道府県であれば、そちらで加入可能。)

次点でこくみん共済(全労済)が候補に入ってくるのですが、入院保障などの面でちょっと見劣りしてしまいます。

全労災(こくみん共済)よりも都道府県民共済がおすすめ|保障内容・割戻金を徹底比較

手頃な保険を考える上で、よく比較されるのが『全労済(こくみん共済)』と『都道府県民共済』です。 どちらも月々数千円で加入 ...

続きを見る

そこで、この記事では

  • 都道府県民共済がない8県の方に向けて
  • こくみん共済のプランを組み合わせて『いい感じの保障』を作る方法

を紹介していきます。

ココがポイント

  • 『生きる安心ハーフタイプ』と『医療安心ハーフタイプ』を組み合わせる
  • 月々の掛金はちょっと上がる(+600円)
  • 死亡や障害の保障は手薄になるので、入院保障を重視する方向け

 

おさらい:都道府県民共済とこくみん共済の比較

 都道府県民共済こくみん共済
プラン総合保障2型総合タイプ
加入年齢18~59歳15~59歳
月々の掛金2,000円1,800円
割戻金(東京・2017年度)39.08%16.67%
実質の掛金1,218円1,500円
死亡病気400万円400万円
交通事故1000万円1200万円
その他の事故800万円800万円
後遺障害病気最大400万円
交通事故最大660万円最大1200万円
その他事故最大500万円最大800万円
入院病気日額4,500円日額1,500円
交通事故日額5,000円日額5,000円
その他の事故日額5,000円日額3,000円
通院病気
交通事故日額1,500円日額1,000円
事故日額1,500円

都道府県民共済とこくみん共済の保障内容を比較すると、このようになります。

簡単に言うと・・・

  • 障害に対する保障が厚いのがこくみん共済。
  • 入院に対する保障が厚いのが都道府県民共済。
  • おすすめは都道府県民共済。

という感じ。

 

この記事では、こくみん共済で手薄い入院保障をカバーする方法に焦点を当てていきます。

全労災(こくみん共済)よりも都道府県民共済がおすすめ|保障内容・割戻金を徹底比較

手頃な保険を考える上で、よく比較されるのが『全労済(こくみん共済)』と『都道府県民共済』です。 どちらも月々数千円で加入 ...

続きを見る

 

『生きる安心ハーフタイプ』と『医療安心ハーフタイプ』を組み合わせる

二つのプランを組み合わせて保障を補う

今回組み合わせるのは、こくみん共済の『生きる安心ハーフタイプ』と『医療安心ハーフタイプ』です。

  • 生きる安心ハーフタイプ:死亡・障害保障が充実
  • 医療安心ハーフタイプ:医療・手術保障が充実

それぞれ特徴が違う保障を組み合わせることで、バランスの良い保障にすることができます。

 

二つのプランを組み合わせた保障の内容

 こくみん共済(全労済)
プラン組み合わせ生きる安心ハーフ医療安心ハーフ
加入年齢15~44歳(※)0~44歳(※)
月々の掛金2,400円1,250円1,150円
割戻金(東京・2017年度)19.17%16.80%21.74%
実質の掛金1,940円1,040円900円
死亡病気275万円250万円25万円
交通事故525万円500万円25万円
その他の事故525万円500万円25万円
後遺障害病気最大275万円最大250万円最大25万円
交通事故最大525万円最大500万円最大25万円
その他事故最大525万円最大500万円最大25万円
入院病気日額4,250円日額1,250円日額3,000円
交通事故日額4,250円日額1,250円日額3,000円
その他の事故日額4,250円日額1,250円日額3,000円
通院病気
交通事故
事故

  • 掛金:月々2,400円(実質1,940円)
  • 死亡保障:病気275万円、事故525万円
  • 後遺障害保障(最大):病気275万円、事故525万円
  • 入院保障:日額4,250円

『生きる安心ハーフタイプ』と『医療安心ハーフタイプ』を組み合わせてできる保障は上記の通り。(『組み合わせ』の列)

通常の『総合タイプ』と比べて、死亡・障害の保障を減らして入院保障を厚くした内容になっています。

 

『総合タイプ』と『組み合わせ』の比較

 こくみん共済(全労済)
プラン総合タイプ組み合わせ
加入年齢15~59歳
月々の掛金1,800円2,400円
割戻金(東京・2017年度)16.67%19.17%
実質の掛金1,500円1,940円
死亡病気400万円275万円
交通事故1200万円525万円
その他の事故800万円525万円
後遺障害病気最大400万円最大275万円
交通事故最大1200万円最大525万円
その他事故最大800万円最大525万円
入院病気日額1,500円日額4,250円
交通事故日額5,000円日額4,250円
その他の事故日額3,000円日額4,250円
通院病気
交通事故日額1,000円
事故

総合タイプが良いか、組み合わせが良いかという観点の比較は上記の通り。

『死亡・障害保障を重視するか、入院保障を重視するか』がポイントになります。

 

死亡保障:総合タイプが圧倒的に有利

総合タイプと組み合わせの死亡保障比較

  • 総合タイプ:病気400万円、交通事故1200万円、その他事故800万円
  • 組み合わせ:病気275万円、交通事故525万円、その他事故525万円

『組み合わせ』は他の保障を削って入院保障を厚くするように考えているので、死亡保障は手薄になります。

ただ、そもそも総合タイプの死亡保障も子供がいる場合には少なすぎるので、『子供がいないなら組み合わせで充分、いるならどうせ他の死亡保障が必要』というのが個人的な見解です。

死亡保障はいくら必要?|失敗しない生命保険の考え方と計算方法

死亡保障とは、生命保険の保障内容の一つです。 その名の通り『あなたが亡くなったら、いくらのお金が支払われるか』というもの ...

続きを見る

 

後遺障害保障:同じく総合タイプが有利

総合タイプと組み合わせの後遺障害保障比較

  • 総合タイプ:病気最大400万円、交通事故最大1200万円、その他事故最大800万円
  • 組み合わせ:病気最大275万円、交通事故最大525万円、その他事故最大525万円

後遺障害の保障額は死亡保障額と連動しているので、こちらも総合タイプの保障が厚いです。

支払いの条件は基本的に同じで、1級・2級・3級の一部では死亡保障と同額の最高額が支払われます。

 

3級の一部以下では、事故の場合のみ支払いの対象です。

※医療安心ハーフタイプの分(最大25万円)を除く

 

入院保障:組み合わせが強い

総合タイプと組み合わせの入院保障比較

  • 総合タイプ:病気日額1,500円、交通事故日額5,000円、その他事故日額3,000円、手術保障なし
  • 組み合わせ:一律日額4,250円、手術一律30,000円(日帰り手術OK)

『組み合わせ』は医療安心ハーフタイプというプランを組み込んでいるので、入院保障・手術保障がグッと手厚くなります。(交通事故での入院は総合タイプの方が若干手厚い。)

また、表には入れていませんが『組み合わせ』には先進医療の保障(最大300万円)も含まれています。

 

通院保障:総合プランのみ。ただし交通事故だけ。

総合タイプと組み合わせの通院保障比較

総合タイプには、交通事故の場合の通院保障(日額1,000円)があります。

一方、『組み合わせ』は保障なし。

 

交通事故の場合は自分や先方の自動車保険から保障されるケースが多く、金額も日額1,000円なのであまり重要ではないでしょう。

 

『都道府県民共済がない県は、こくみん共済を組み合わせて「それっぽい保障」を作ろう』まとめ

  • 都道府県民共済は、8つの県では加入できない
  • 代わりになる『こくみん共済総合タイプ』は入院の保障が手薄
  • 『生きる安心ハーフタイプ』と『医療安心ハーフタイプ』を組み合わせるとバランスの良い保障が組める
  • 死亡・障害保障は減るが、医療保障は手厚くなる

『都道府県民共済がない県だけど、医療保障も欲しい・・・』という方はこの方法で保障を組み立てることをおすすめします。

ただし他で医療保険がある場合にはその限りではないので、他の保険と見比べながら検討しましょう。

医療保険(入院保障)は本当に必要なのか|公的保障制度と合わせて徹底解説

生命保険の代表的な保障内容として、『入院保障』があります。 入院したら一日○○円 手術を受けたら一回○万円 といった保障 ...

続きを見る

-保険
-,

Copyright© MONESOPHIA|マネソフィア , 2020 All Rights Reserved.